2011年01月14日

初酒の出

ラインナップ

お正月飾りもとれない1月7日、新しい年を祝う恒例の「初酒の出」を開催。新年早々、多くの皆さまにご参加いただきありがとうございました。新しい年に新しい気持で新しい酒を楽しもうと、元旦に搾られたお酒や、新酒を詰めた樽酒、袋吊りのお酒などなど、なかなか飲めない縁起物の新酒をご用意。新春らしいお料理とともにお楽しみいただきました。

続きを読む
posted by 店長村越 at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

1月のおすすめ:ホウボウの薄造り

ホウボウの薄造り

ホウボウの薄造り

胸元にあるのヒゲのような足のようなもので海底を歩きエサを探し、うきぶくろで音を出して鳴いたりと、そのユニークな生態や外観からは意表を突かれる美味しさを持つホウボウ。その上品な旨味が潜む白身を、薄造りにしました。うっすら桃色がかった色合いも楽しみながら、ポン酢でお召し上がりください。

合わせたいお酒

上品な白身は、吟醸酒などの繊細できれいなお酒とよく合います。しぼりたて生新酒のフレッシュな香味と合わさると、晴れた日の雪原を思わせるすがすがしい美味しさに。ボリューム感のある生原酒と合わせるときは、薬味を効かせてどうぞ。

posted by 店長村越 at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月のおすすめ:フクイモの含め煮の唐揚げ

フクイモの含め煮の唐揚げ

フクイモの含め煮の唐揚げ

佐賀県産の里芋でフクガシラとも呼ばれるフクイモを、出汁をたっぷり含ませて炊いて唐揚げにしました。ねっとりとした歯触りの里芋の優しい甘さと出汁を含んだ深みある味、衣の芳ばしさ、隠し味的に味を引き締める胡椒のスパイシーさが相俟って飽きのこないバランス。優しく和ませてくれる美味しさです。

合わせたいお酒

クセのない優しい味なので、いろいろなお酒と合わせてお楽しみください。熱々のところをしぼりたて生新酒と合わせると、お芋の甘やかさがいっそう際立ち、お酒の荒々しさを優しくなだめてくれる良い相性。原酒のボリュームにも衣の油がしっかり対抗し、なおかつお酒が油をすっきり切ってくれます。また寒おろしやお燗酒など熟成したお酒と合わせると、枯淡の味わいといった印象に。落ち着いてお酒をすすませてくれます。

posted by 店長村越 at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月のおすすめ:合鴨の千鳥酢煮

合鴨の千鳥酢煮

合鴨の千鳥酢煮

合鴨を京の米酢・千鳥酢で煮た一皿です。良質なお酢の持つ旨味が凝縮されたバルサミコ酢的な深い旨味とコクが、合鴨肉の力強い旨味に立体的な奥行きを与えてくれていて美味。さらに熟成唐辛子を使った赤い柚子胡椒を合わせると、味の輪郭が引き締めながら柚子の香りがすっと立ち、美味しさが引き立ちます。

合わせたいお酒

しっかりした骨格を持つ酸の存在感があるお酒と合わせてみてください。噛みしめるほどに滲み出てくるトルクのある合鴨の旨味をしっかり受け止め、凜としたサムライの力強さを思わせる味わいに。酢・合鴨・お酒の旨味がお互いを引き立て合う、素晴らしい相性を楽しめます。

posted by 店長村越 at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月のおすすめ:ヨモギ麩の柳川風

ヨモギ麩の柳川風

ヨモギ麩の柳川風

ヨモギ入りの生麩・ヨモギ麩を、笹がきゴボウと合わせ卵でとじて柳川風に仕立てました。卵の優しい味に包まれて、ヨモギ麩のモチモチした食感や爽やかな香りと、ゴボウのシャッキリした歯触りや香りとの対比や融合が、一口ごとに楽しめて面白い一品です。

合わせたいお酒

たいていのお酒と合いますが、ここはぜひしぼりたて生新酒〈初しぼり〉と合わせてみてください。ヨモギの香りや、土の力を思わせるゴボウの力強い香りが鮮烈に解き放たれ、遠い春を待つ大地を思わせる風情に。実に粋な美味しさになります。

posted by 店長村越 at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。