2011年03月30日

東日本大震災 復興祈願 はやく被災地の方々が安心してお花見ができるよう、応援する会

がんばろう東北 頑張ろう日本

3月24日(木)に行われた岡永倶楽部でのイベントについてご報告申し上げます。当初「お花見向上委員会」のテーマで開催を予定しておりました今イベント、未曾有の震災を前に開催の是非に迷いましたが、今、岡永倶楽部にできることを考え、「東日本大震災 復興祈願 はやく被災地の方々が安心してお花見ができるよう、応援する会」とテーマを変えて敢行しました。
私たちが被災地のお酒を飲むことが復興支援に繋がるはずと、東北のお酒、特に地震による被害の大きかった岩手と宮城から6種類をご用意いたしました。企画段階では原発災害がこれほど深刻化するとは思いもよらず、福島を始めとする他県の東北のお酒についてはまた別の形で応援していきたいと思っています。また、当日の売り上げの一部と当日お客様からいただいた寄付は、日本名門酒会の参加蔵元・加盟酒販店を支援する義援金として寄付いたしました。
余震の続く中、また停電の影響で交通も不便な中、お集まりいただいた皆様には心より御礼申し上げます。

続きを読む
posted by 店長村越 at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

営業のお知らせ

この度の地震で被害にあわれた方々には、謹んでお見舞い申し上げます。
被災された皆様とご家族の無事を心よりお祈り申し上げます。

頻発する地震と停電、流通不備等による影響で、会員の皆様も不安な毎日を過ごされていることと思います。

皆様の元気なお顔が見れますよう、お酒で皆様を元気にしたいとの思いを込めて、岡永倶楽部は通常営業いたします。

交通機関の影響などが発生した場合には閉店時間を繰り上げる事もありますのでご了承下さい。

店舗の方は、お酒一つ割れたりなどの被害はありません(最初の大きな揺れがあった際、私はお酒を押さえようとしていたようです)。

まだ余震が続いていますが、悲痛なニュースに触れるたび、地面が揺れるたびに、緊張して筋肉が強張り、体も心もいつも以上に疲れています。そんな時の適度のお酒は緊張を解かして楽にしてくれます。

大切な人を守り、被災地を応援し、この震災を乗り超えるためにも、まずは自分が元気でありましょう。疲れたと感じたときには、ちょっと一休みしにお寄りください。
posted by 店長村越 at 14:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

3月のおすすめ:こしあぶらと桜の花の白和え

こしあぶらと桜の花の白和え

こしあぶらと桜の花の白和え

「山菜の女王」とも言われるこしあぶらと桜花の塩漬けを使った、春の香りをたっぷり楽しめる白和えです。こんにゃく、おあげ、キノコの食感も楽しく、白和えの芳ばしい胡麻の風味とコクの中に、こしあぶらの清涼感あふれる青く上品な香りや清楚な桜の香りが次々と現れ、一口ごとにさまざまな香味が広がる楽しい一品。桜がほころび始めた里山の風景が口中に描き出されるような趣です。

合わせたいお酒

いきいきとした春らしい香味を活かすのであれば、フレッシュなしぼりたて新酒生原酒がおすすめ。山菜特有のほのかな苦味と新酒らしい苦味との相性がよく、食材の香りや良味を解像度をあげてくれるようにくっきり際立たせ、また、白和えのしっかりしたコクが原酒のパワフルさをしっかり受け止めてくれます。

posted by 店長村越 at 15:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月のおすすめ:身欠にしんの木の芽煮

身欠にしんの木の芽煮

身欠にしんの木の芽煮

干されて凝縮された旨味が嬉しいみがきニシンを、実山椒を浸した醤油出汁で炊き上げ、木の芽を添えました。甘辛い醤油出汁、みがきニシンの香りと濃厚な旨味がお酒を進ませ、アフターに木の芽の香りがほんのり残って口中爽やか。おつまみとしてお花見弁当の隅にあると嬉しい味。

合わせたいお酒

お酒をゆっくり楽しみたいときのつまみとしてどうぞ。特に酸のしっかりした純米酒やお燗酒などと合います。お酒と合わせると、ニシンの中に凝縮して閉じ込められていた旨味が一気に開放されてボリュームアップ。お燗酒なら料理の旨味とのさらなる一体感を楽しめます。

posted by 店長村越 at 15:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月のおすすめ:タケノコのフライ

タケノコのフライ

タケノコのフライ

つややかな皮に包まれた鮮度のよい小降りで柔らかなタケノコを、つまみやすい一口フライにしました。サクッと芳ばしい衣の中から、ホクッと甘やかなタケノコが顔を出し、香り立ちます。軽く塩を振ってありますので、まずはそのままお召し上がりを。こんなに甘かったのか、とタケノコそのものの美味しさと香りを堪能できます。お好みでレモンを絞ったり、地ケチャップをつけて味を変えたり、お酒に合わせてお楽しみください。

合わせたいお酒

春らしさを楽しみたいのなら、新酒生酒と合わせてみてください。新酒ならではの甘やかさと筍の甘やかさが合わさり良い相性。お酒のフレッシュ感も引き立ち、また新酒特有の苦味が口中の油分を切ってすっきりさせてくれます。

posted by 店長村越 at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川俣軍鶏のみぞれ煮

川俣軍鶏のみぞれ煮

川俣軍鶏のみぞれ煮

かつて闘鶏が盛んだった福島県川俣町で、本軍鶏を食肉用に改良して育てた川俣軍鶏。その筋肉質で噛み応えのある胸肉と茄子を素揚げし、大根おろしの入った濃いめの出汁でさっと煮ました。あっさりした胸肉ですが、さすが川俣軍鶏、鰹出汁の風味と大根の甘やかさの奥から、噛みしめるほどに旨味が力強く滲みだします。お召し上がりの際はワサビをたっぷりつけてどうぞ。ワサビの刺激で味が引き締まり鶏の旨味が鮮明に。さらにお酒が欲しくなる素晴らしいバランスになります。

合わせたいお酒

しぼりたて生新酒でも、熟成感のある純米酒でも、お燗にした純米酒でも、お米の旨味がのって酸のしっかりした純米酒と好相性。鶏の香りと旨味をしっかり引き出し、濃いめの出汁にぴったり合います。一雨ごとに春になる、その雨の日にほっと身体を休めてくれるようなしっとりした味わいを楽しめます。

posted by 店長村越 at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。