2011年07月05日

7月のおすすめ;カクタスリーフ入りトウモロコシの冷たいクリームスープ仕立て

カクタスリーフ入りトウモロコシの冷たいクリームスープ仕立て

カクタスリーフ入りトウモロコシの冷たいクリームスープ仕立て

食用サボテンの葉・カクタスリーフと、ダイエット食品でもおなじみバジルシードが入ったひんやり冷たいコーンクリームスープです。スプーンで掬うとトロ〜リ粘り気のあるとろみがありますが、これはサボテン由来のもの。ひんやりつるんとしたサボテンとプチプチしたバジルシードの食感も楽しく、軍鶏でとったスープのしっかりした旨味とトウモロコシの自然で優しい甘さの中に、サボテンの野趣溢れる爽やかな苦味がアクセントとして広がる不思議な美味しさ。

合わせたいお酒

お酒と合わせると言うよりは、飲み始める前のアペタイザーとしてどうぞ。暑さにバテて食欲がないときにも、ひんやり美味しいスープが喉を潤してくれて食欲が復活。カクタスリーフには身体を冷やしてくれる作用があり、ほてった身体がすっと冷えて落ち着きます。また、カクタスリーフもバジルシードも繊維質豊富で胃腸のコンディションを整えてくれる効用も。さらにクリームが入っているので、胃壁を保護して悪酔い防止にもなります。飲む体調を整えてくれる薬膳感覚でお召し上がりください。

posted by 店長村越 at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月のおすすめ;マゴチの薄造り

マゴチの薄造り

マゴチの薄造り

夏の季語にもなっているマゴチを、見た目にも涼しげな薄造りにしました。透明感のある白身には、品良く力強い旨みが宿っています。お好みの薬味とともにポン酢でお召し上がりください。

合わせたいお酒

品格ある旨味を持つ白身は、吟醸系のお酒がよく合います。魚もお酒もお互いを邪魔せず、お互いの繊細な香味のよい部分を高め合う好相性。マゴチの旨味を堪能したところに、適度に冷えた吟醸酒を一口、すーっと眼前が透き通っていくようなキレイな美味しさが口中に広がり、汗だくで過ごした昼間の記憶を一瞬で消し去ってくれます。

posted by 店長村越 at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7-9月のおすすめ;無花果とミニトマトの熱々ココット

無花果とミニトマトの熱々ココット

無花果とミニトマトの熱々ココット

生酒を楽しむためにご用意。ミニトマトと無花果をシンプルにオーブン焼きにした可愛らしい一品です。塩も何もせず、オリーブオイルだけかけまわして焼き上げました。加熱されて増幅したトマトの旨味や爽やかな酸味、無花果の濃密な甘味や香りを素直に楽しめます。口中をリセットしたいときにもおすすめ。

合わせたいお酒

〈夏の生酒〉の中でも、特に繊細な甘味のあるタイプがおすすめ。熱々のうちに冷え冷えの生酒と合わせると、口中が甘やかさとジューシーさで満ち満ちます。この驚愕の美味しさをぜひ一度ご体験ください。小さな一皿ながら、生酒と合わせて夏にしか楽しめない美味しさです。

posted by 店長村越 at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月のおすすめ;ゴーヤと万願寺唐辛子のキッシュ

ゴーヤと万願寺唐辛子のキッシュ

ゴーヤと万願寺唐辛子のキッシュ

ゴーヤと万願寺唐辛子の心地よいホロ苦さが、夏らしい爽やかさを演出し、夏の食欲を増してくれる大人味のキッシュです。チーズやクリームの芳ばしい香りと深いコク、夏に元気をくれる青野菜のホロ苦さとのコラボは、お酒と合わせて美味しさの本領を発揮します。

合わせたいお酒

ゴーヤと万願寺唐辛子のキッシュ

チーズやクリームのコクに合う、生モト・山廃系の純米酒などがおすすめ。お酒のミルキーな香りがぐっとふくらみ、キッシュの濃厚な旨味がふわりと軽く芳ばしさたっぷりに口中に広がります。また、変わったところでは、一ノ蔵の貴醸酒「again(あがいん)」とも別格の相性を見せます。これは貴醸酒らしい濃密な甘味を持ちながらフレッシュな酸が爽やかな、絶妙なバランスを持つのお酒。乳製品との相性がよくお酒そのものも深みを増しし、。なおかつ野菜の苦味を丸く包んで、キッシュの旨味が口中でとろけ出します。


posted by 店長村越 at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月のおすすめ;小茄子の揚げ浸し 肉味噌のせ(冷製)

小茄子の揚げ浸し 肉味噌のせ(冷製)

小茄子の揚げ浸し 肉味噌のせ(冷製)

辛酸そろった爽やかな刺激が暑い盛りの箸を進ませてくれる、茄子を使った冷製の一品です。ころんと丸い掌サイズの小ナスを素揚げして出汁に浸し、甘辛の肉味噌をのせ、千鳥酢をかけまわし、茗荷などの香味野菜をたっぷり添えました。ジューシーな揚げ茄子の美味しさに、出汁の旨味と肉味噌のコクのある甘辛味、さらにお酢の旨味と酸味、香味野菜の香りが爽やかさが加わり、絶妙なバランスの味わい。

合わせたいお酒

生原酒や甘味の強い純米酒と合わせて楽しめます。お酒のコクや甘味が茄子のジューシーさを引き立たせ、酢や辛味の刺激をまろやかに。喉を通りすぎると次の刺激的な一口が欲しくなる好循環が生まれます。

posted by 店長村越 at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。