2011年03月03日

川俣軍鶏のみぞれ煮

川俣軍鶏のみぞれ煮

川俣軍鶏のみぞれ煮

かつて闘鶏が盛んだった福島県川俣町で、本軍鶏を食肉用に改良して育てた川俣軍鶏。その筋肉質で噛み応えのある胸肉と茄子を素揚げし、大根おろしの入った濃いめの出汁でさっと煮ました。あっさりした胸肉ですが、さすが川俣軍鶏、鰹出汁の風味と大根の甘やかさの奥から、噛みしめるほどに旨味が力強く滲みだします。お召し上がりの際はワサビをたっぷりつけてどうぞ。ワサビの刺激で味が引き締まり鶏の旨味が鮮明に。さらにお酒が欲しくなる素晴らしいバランスになります。

合わせたいお酒

しぼりたて生新酒でも、熟成感のある純米酒でも、お燗にした純米酒でも、お米の旨味がのって酸のしっかりした純米酒と好相性。鶏の香りと旨味をしっかり引き出し、濃いめの出汁にぴったり合います。一雨ごとに春になる、その雨の日にほっと身体を休めてくれるようなしっとりした味わいを楽しめます。

posted by 店長村越 at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。