2011年03月03日

3月のおすすめ:こしあぶらと桜の花の白和え

こしあぶらと桜の花の白和え

こしあぶらと桜の花の白和え

「山菜の女王」とも言われるこしあぶらと桜花の塩漬けを使った、春の香りをたっぷり楽しめる白和えです。こんにゃく、おあげ、キノコの食感も楽しく、白和えの芳ばしい胡麻の風味とコクの中に、こしあぶらの清涼感あふれる青く上品な香りや清楚な桜の香りが次々と現れ、一口ごとにさまざまな香味が広がる楽しい一品。桜がほころび始めた里山の風景が口中に描き出されるような趣です。

合わせたいお酒

いきいきとした春らしい香味を活かすのであれば、フレッシュなしぼりたて新酒生原酒がおすすめ。山菜特有のほのかな苦味と新酒らしい苦味との相性がよく、食材の香りや良味を解像度をあげてくれるようにくっきり際立たせ、また、白和えのしっかりしたコクが原酒のパワフルさをしっかり受け止めてくれます。

posted by 店長村越 at 15:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188716931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。