2011年06月06日

6-7月のおすすめ:鮎の美酒煮

鮎の美酒煮

アユの美酒煮

5月下旬から6月にかけては鮎釣りも各地で解禁。夏の代表的な川魚ですが、その夏鮎を名門酒をたっぷり使って骨まで柔らかく煮た、岡永倶楽部ならではの一品です。箸ですんなり骨が切れるほほど柔らかに炊いてあるので、そのまま丸ごとお楽しみください。日本酒をたっぷり使って炊いた魚は、まろやかなコクが加わり、かつ、魚の身質の良質な香味を引き出し、深さと広がりを持った上品な味わいに仕上がります。ご家庭で煮魚を作るときも、ぜひ一度、たっぷり日本酒を使ってみてください。予想以上の出来映えになりますよ。

合わせたいお酒

コクと旨味がありながら上品な味わいの煮魚は、繊細な吟醸系から深みのある純米系まで、幅広いタイプの日本酒と合わせて楽しめます。〈夏の生酒〉と合わせると、夏鮎の身の爽やかな香味を見事に引き出し、夏の渓流が眼前に浮かんでくるような趣に。ぬる燗と合わせると、身の旨みと一体化して増幅し合い、煮汁の芳ばしさも引き立つ、落ち着いた相性を楽しめます。お酒のほうも、辛味や苦味など刺激的な要素が緩和されてまろやかな口当たりとなる良い相性です。肌寒いのに蒸している雨の日などにぴったりの、身体の疲れが抜けるようなほっとする粋な味わいをお楽しみいただけます。

posted by 店長村越 at 05:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207521814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。