2011年08月30日

金賞受賞の大吟醸 飲み比べの夕べ

天寿『金賞受賞酒 大吟醸』 若戎『金賞受賞酒 大吟醸』 五橋『西都の雫 大吟醸』 越の誉『金賞受賞酒 大吟醸』 白嶺『香田 35磨き 大吟醸』 出羽ノ雪『酒のいのち 金賞受賞酒 大吟醸』

夏の終わりの8月25日(木)に「金賞受賞の大吟醸 飲み比べの夕べ」を開催しました。前線の影響で蒸し暑いあいにくの一日となりましたが、こういう日にも、すっきり爽やかで繊細な大吟醸は幸せを運んできてくれます。大吟醸は笑顔が似合うお酒です。中でも、全国新酒鑑評会に出品され金賞を受賞したお酒ともなれば、嫌なことがあったときでも、一口飲めば、そのうっとりするような美味しさに、自然と笑顔が浮かぶこと間違いなし。この日は、蔵の技術の粋を集めて造られ、曇りなき鏡のように磨かれた珠玉の味わいの、金賞受賞大吟醸6品をお楽しみいただきました。

金賞受賞大吟醸を楽しむための3つのポイント

杜氏さん:15年以上前は平均年齢60歳以上と高齢化していましたが、最近では30-40代の若手の台頭が目立っています。酒造技術が向上したことに加え、蔵元さんが代替わりをして若返ったことも背景にあるかもしれません。蔵人さんもまた、最近では季節労働者ではなく蔵の社員として雇用され、若い方が増えています。

スペックの多様化:80-90年代の一時期、「YK35」すなわち「山田錦・熊本酵母・35%精米」というスペックが鑑評会で上位を狙うための三種の神器のように扱われていたこともありましたが、最近では、多種多様なスペックのお酒が上位入賞を果たしています。米の品種改良が進み山田錦以外の酒米の品質が向上したこと、扁平精米など精米技術も進化したこと、県単位での酵母開発で優秀な酵母が次々と生まれていることなどから、地域性を反映しながら高く評価されるお酒が増えています。

トレンドの変化:15年以上前は、香り高く繊細でスッキリした酒が高い評価を受けていましたが、近年では香りと味わいのバランスが重要視されるようになっています。

お酒天寿『金賞受賞酒 大吟醸』(秋田県・由利本荘市)

天寿『金賞受賞酒 大吟醸』 

日本海に姿を映す鳥海山、その麓にある天寿蔵元の金賞受賞酒です。香り華やかにして、きめ細かくまろやかでふくらみのある上品な味わいで、天寿の魅力が詰まっています。ところで雑味の少ない大吟醸はふつうのお酒よりもゆっくり熟成します。また、小瓶のほうが熟成が進むのが早いため、8月末のこの日にお召し上がりいただくには最適かと思い、小瓶を取り寄せました。

原料米/山田錦(兵庫県) 精米歩合/35%
酵母/自社酵母 アルコール度数/16.8%
日本酒度/+2 酸度/1.2 500本限定
杜氏/佐藤俊二(46歳 山内杜氏)


料理炙り小鯛 空心菜とモロヘイヤのお浸し

炙り小鯛 空心菜とモロヘイヤのお浸し

空心菜とモロヘイヤのお浸しに、さっと炙った小鯛を添えました。小鯛とお酒のお互いの繊細な味わいが同調し、野菜の苦味がお酒の爽やかさをパワーアップしてくれ、野菜のねばりがお酒のまろやかさを増してくれます。

お酒若戎『金賞受賞酒 大吟醸』(三重県・伊賀市)

若戎『金賞受賞酒 大吟醸』 

三重県の伊賀の里にある若戎蔵元の金賞受賞酒です。大吟醸とはこういうもの、と誰もが納得する、華やかな香りと透明感のある優しい味わいであると思います。使用されている三重県産の山田錦は近年クォリティが高く、「三重山田錦」とも呼ばれています。酵母使いの達人だった先代杜氏が残した自家保存酵母を用いて、44歳の若き溝畑杜氏が若戎の味を磨きあげています。

原料米/山田錦(三重県)、精米歩合/40%
酵母/自家保存酵母 アルコール度数/16.0%
日本酒度/+4 酸度/1.3 400本限定
杜氏/溝畑利行(44歳 但馬杜氏)


料理とよんちのたまごの出汁巻き卵 アオサあんかけ

とよんちのたまごの出汁巻き卵 アオサあんかけ

8月のメニューでも人気、養鶏所直営の卵店の「とよんちのたまご」を使った、卵のコクが際立った出汁巻き卵。出汁卵の優しい旨味とコク、アオサの風味と酒の繊細な味わいが同調します。

お酒五橋『西都の雫 大吟醸』(山口県・岩国市)

五橋『西都の雫 大吟醸』 

錦帯橋で名高い山口県岩国市にある五橋蔵元の金賞受賞酒です。山口県のオリジナル酒米「西都の雫」の実力を引き出した一本。高貴さを感じさせる華やかな吟醸香で、繊細な口当たりとなめらかな甘味が嬉しい大吟醸です。ダイナミックかつ繊細な酒造りをする仲間杜氏の感性が光ります。

原料米/西都の雫・山田錦(山口県)、精米歩合/40%・35%
酵母/協会1801 アルコール度数/16.7%
日本酒度/+3 酸度/1.3 1,200本限定
杜氏/仲間史彦(40歳 大津杜氏)


料理丸茄子と茗荷の胡麻和え

丸茄子と茗荷の胡麻和え

丸茄子と茗荷と蒸し鶏を胡麻和えにした一品。胡麻のコクと甘味が酒の刺激を和らげ、茗荷の小気味よくしゃっきりした食感がお酒のすっきり感を高めてくれ、酒の上質な旨味が加わって茄子の美味しさが増し、と、大吟醸と合わせていろいろに楽しめます。

料理イサキの皮霜造り

イサキの皮霜造り

吟醸酒と合わせてお刺身を楽しむときのちょっとしたポイント。お醤油の香味が強すぎると吟醸酒の良さが消えてしまうため、お魚によっては塩レモンで食べたるのもおすすめです。お醤油を使うのであれば、山葵にお醤油をたらし、その山葵を魚の身につけて召し上がってみてください。それからこれは村越の持論ですが、大吟醸などの繊細な味わいを持つお酒にお刺身を合わせる場合、大型の魚よりも小型の魚が合うように思えます。この日のイサキも小型のものを揃えました。

お酒越の誉『金賞受賞酒 大吟醸』(新潟県・柏崎市)

越の誉『金賞受賞酒 大吟醸』 

「和醸蔵」「清澄蔵」の両蔵でW金賞受賞した新潟・越の誉蔵元の金賞受賞酒です。これは和醸蔵で醸された一本。名杜氏・平野氏が、新潟県で開発されたオリジナル酒米「超神楽」を使い、上品な香りですっきりとした喉ごしの中に重厚な余韻が広がる、至高の新潟酒を誕生させました。

原料米/超神楽(新潟県)、精米歩合/40%
酵母/協会1801 アルコール度数/17.0%
日本酒度/±0 酸度/1.4 500本限定
杜氏/平野保夫(68歳 越後杜氏)


料理カンパチのフライ

カンパチのフライ

味のしっかりしたものも食べたくなってくる頃に、カンパチをフライにしたものをご用意。オーソドックスにソースでお召し上がりいただきました。徳島県の光ソースは有機野菜で作るこだわりソースで、最先端を目指すという意味を込め「夢の超特急ひかり号」にちなんで名付けられたとか。より高みを目指す吟醸造りと共通するマインドを持っているソースです。

お酒白嶺『香田 35磨き 大吟醸』(京都府・宮津市)

白嶺『香田 35磨き 大吟醸』 

海のある京都、丹後・宮津市にある白嶺蔵元の金賞受賞酒です。ここ数年、安定感をぐんぐん増しており、ご注目いただきたい蔵の一つ。地元で契約栽培された山田錦を用いた大吟醸原酒は、穏やかで果実のような香り、きれいな口当たりながら力強さも感じるしっかりとした味わいが魅力です。

原料米/山田錦(京都府)、精米歩合/35%
酵母/協会9号系 アルコール度数/17.5%
日本酒度/+4 酸度/1.2 1,224本限定
杜氏/須川陽司(49歳 但馬杜氏)


料理望来豚の塩焼き 赤柚子胡椒添え

望来豚の塩焼き 赤柚子胡椒添え

シンプルに塩焼きにした豚肉ですが、豚の脂はアルコールの風味と相性が良いので、この日、いちばんアルコール度数の高かった白嶺「香田」に合わせてみました。熟成した唐辛子を使ったまろやかな赤柚子胡椒をつけると、脂感がさらに軽くなります。

お酒出羽ノ雪『酒のいのち 金賞受賞酒 大吟醸』(山形県・鶴岡市)

出羽ノ雪『酒のいのち 金賞受賞酒 大吟醸』

山形県庄内地方の城下町・鶴岡にある出羽ノ雪蔵元の金賞受賞酒です。華やかで繊細な香り、淡麗にしてソフトな口当たりの大吟醸。蔵元のご子息にあたる渡會杜氏は、東京にいらした折には岡永倶楽部にもよくお立ち寄りいただくのですが、こだわりの職人肌というか学究肌の方。その技の粋を集めた究極の一本とも言うべき逸品です。

原料米/山田錦(兵庫県)、精米歩合/35%
酵母/山形KA アルコール度数/15.9%
日本酒度/+5 酸度/1.2 1,000本限定
杜氏/渡會俊二(47歳 自社杜氏)


料理イカの沖漬け

イカの沖漬け

最後は日本最北・宗谷岬で作られたイカの沖漬けを。これを肴にすれば、お酒がすすみます。

料理稲庭うどん

稲庭うどん

〆の一品は国産原料と完全自社生産にこだわる、佐藤養悦本舗の稲庭うどん。当店のシェフがメーカーさんに直に教わった、自慢の絶妙な仕上がり具合です。

おまけのお酒浦霞『別誂 大吟醸』(宮城県・塩竈市)

浦霞『別誂 大吟醸』 

金賞受賞酒ではありませんが、最後におまけのお酒をご用意。山田錦で仕込み、通常、半年以上熟成した後に出荷される浦霞の大吟醸を、さらに手元で1年半ほど熟成させてみました。繊細にしてとろりとまろやかな味わいをお楽しみいただきました。


さて来月、9月ともなればいよいよ秋。そして秋と言えば、楽しみに待たれている方も多いであろうこのお酒、秋の限定酒〈ひやおろし〉。今年の出始めの味を存分にお楽しみいただく会を企画しております。どうぞお楽しみに。

posted by 店長村越 at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。