2011年10月11日

10月のおすすめ:タコとポテトのガーリック炒め千鳥酢風味

タコとポテトのガーリック炒め千鳥酢風味

タコとポテトのガーリック炒め千鳥酢風味

タコとポテトとプチトマトを、ガーリック&バターで炒めた一皿は、芳ばしい香りと力強いコクが食欲をそそります。熱々のところに千鳥酢をかけまわし、まろやかさをプラスしました。この隠れたお酢の力の、日本酒と合わせたときの見事な働きぶりにもご注目を。

合わせたいお酒

〈ひやおろし〉など熟成したお酒を合わせてどうぞ。このお料理はお酒と合わせたところでクライマックスがやってきます。米酢の旨味やガーリックの芳ばしい香りがふわりと口中で膨らみ、タコの旨味やポテトの甘味、プチトマトのジューシーな甘味が、驚くほど鮮明に引き出されます。また、お酒そのものも、苦味など刺激的な部分が抑えられ、まろやかさを増し、いっそう美味しく。

最近、村越は日本の米酢の素晴らしさに刮目しています。岡永倶楽部で使用しているお酢は、創業享保年間(18世紀前半)という京の老舗が、昔ながらの製法で造るまろやかな米酢「千鳥酢」です。このお酢はまろやかな酸味もさることながら、旨味もたっぷり含んでいます。それゆえ料理に使うと、素材の繊細さを損なうことなく旨味を強調する隠し味としても働きます。この、料理に潜んだお酢の旨味は、日本酒と合わせたときに、お酒の旨味と呼応しあって、料理もお酒も双方の旨味を増幅してくれるのです。酸味だけではない、お酢の旨味調味料としての実力にもぜひご注目ください。

posted by 店長村越 at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。