2012年04月06日

蟹の赤うちこ

蟹の赤うちこ

蟹の赤うちこ

お腹は満ちたけれど口寂しい、というときにおすすめ。「内子」とは蟹の未成熟卵ですが、それをミネラルたっぷりのゲランドの塩で漬けにした一品です。ミネラル感のある適度な塩味で、嫌味やクセもない魚卵の純粋な甘やかさと旨味が凝縮されていて、お酒と合わせて最高に楽しめる酒肴。

合わせたいお酒

旨味は濃厚ながら香味が上品なため、お酒の良質な香味を邪魔することもなく、さまざまなお酒と合わせてお楽しみいただけます。箸先でひと舐めしたところにお酒を一口、すると酒の旨味と相俟って、蟹卵の甘やかな旨味が一気に華開きます。ピュアで甘やかな香味が口中いっぱいに広がり、美味しさの頂点にうっとり。この幸せな美味しさの余韻が長く、その余韻でお酒をまた一口。すると内子が欲しくなり、舐めればお酒が欲しくなる、幸せな好循環が起きてお酒がとまらなくなります。

posted by 店長村越 at 11:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。