2012年05月08日

莫久来(バクライ)

莫久来(バクライ)(宮城県塩釜・本舗十字屋謹製)

莫久来(バクライ)

コノワタとホヤの塩辛を贅沢に合わせた高級珍味・莫久来(ばくらい)です。コノワタ(海鼠腸)とは真ナマコの腸の塩辛で日本三大珍味の一つ。真冬の産卵を控えた旬のナマコからとって丁寧に処理したコノワタと、やはり旬の時期の瑞々しいホヤだけを使った塩辛を合わせました。日本で初めてホヤの加工品を作った宮城県塩釜市にある本舗十字屋謹製品。上品な磯の香りとほんのりとした甘味、凝縮した繊細な旨味、それらが合体した独特の香りや味わいが、それこそクセになる珍味中の珍味です。

合わせたいお酒

凝縮した旨味を引き出してくれる純米酒などとともにどうぞ。お酒と合わせると、磯の香りと甘やかな香味がふわっとボリュームアップして広がります。旨みが繊細なので、熟成した吟醸酒などと合わせても面白いかと思います。

製造元/本舗(株)十字屋

posted by 店長村越 at 16:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269085877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。