2012年05月08日

へしこ鯖

へしこ鯖(福井県小浜・田村長謹製)

へしこ鯖

へしこ鯖とは、塩と糠で漬けた、いわば鯖の生ハム。これは若狭湾から京へ塩鯖を結ぶ鯖街道の起点・福井県の小浜市で、江戸時代末より若狭の食文化を伝えてきた老舗・田村長謹製の逸品です。脂ののった鯖を塩漬けにし、その後、糠・唐辛子・秘伝の自家製調味料で漬けてあります。塩加減といい漬かり具合といい、他の追随を許さないすばらしい香味バランス。スライスしたスダチの移り香と酸味が美味しさを引き立てます。

合わせたいお酒

塩気と旨味が強いので、旨味のある純米酒などとよく合います。チビチビとかじりながら、お酒を一口。お酒が流れ込むや否や、強い塩気の奥に隠れていた凝縮された旨みがぱぁあああっと解放され、鯖の良質な香りや甘やかな旨味が力強く口中いっぱいに広がります。舌に残る長い旨味の余韻が次のお酒を誘い、お酒を飲むとまたへしこ鯖が欲しくなるーーお酒が止まらなくなる美味しさです。

製造元/(株)田村長

posted by 店長村越 at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269086188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。