2012年05月01日

初夏の生酒を楽しむ会

新政『六號 純米生酒』 竹生嶋『純米吟醸生原酒「吟吹雪」』 司牡丹『船中八策 零下生酒 純米』 真澄『吟醸生酒』 甲子『夏生 純米吟醸生原酒』 新政『六號 純米生酒』

ゴールデンウィーク直前、街路樹も柔らかな若葉をまとい始めた4月25日に、「初夏の生酒を楽しむ会」を開催しました。前日は夏日となるほど気温が上昇し、この日も日中は暖かい一日となりました。気温の乱高下は体につらいですが、幸いにしてこの汗ばむ陽気、爽やかな〈夏の生酒〉の魅力を楽しむには、もってこい。夕方に一雨来たしっとりとした初夏の夜に、ぜひ皆様に味わっていただきたい試飲会でも高評価だった6種類のイケてる夏の生酒をお楽しみいただきました。

続きを読む
posted by 店長村越 at 02:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

お花見向上委員会2012

お召し上がりいただいた花見酒ラインナップ 

猛烈な寒さに見舞われた冬の名残りか、開花の遅い今年の春。しかし蕾は確実にふくらんで、重い冬のコートも脱げるようになりました。そんな3月末の28日、「お花見向上委員会」と銘打ち、花見酒の楽しみ方を追求するイベントを開催。夕方には小雨のパラつく生憎の天気となりましたが、お集まりいただいた皆様にはありがとうございました。昨春は災禍に胸を痛め、余震に怯えて過ごしましたが、今年こそ咲き誇る桜の花に希望を託してお花見を楽しみましょう。

続きを読む
posted by 店長村越 at 16:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

立春大吉祭

お召し上がりいただいた立春朝搾りラインナップ 

前日の節分までは各地で大雪にみまわれる大寒波でしたが、2月4日立春のこの日は晴れ渡り心なしか暖かな一日となりました。暦の上で春が始まる立春の日のお酒といえば、〈立春朝搾り〉。立春の日の朝に搾りあがったばかりのお酒をその日の夜に飲めるよう、日本名門酒会が総力をあげてお届けする新酒です。本来、各蔵元近郊の特定地域でしか買えない限定酒ですが、岡永倶楽部では各蔵元に派遣される日本名門酒会本部スタッフのコネクションを活かして、6銘柄の立春朝搾りをご用意。お酒の味を引き立てる春めいたお料理とともに、それぞれの蔵の個性をお楽しみいただきました。

立春朝搾りは口当たり良く喉にするっと入ってしまいますが、すべて原酒です。アルコール度数の高いお酒であるため「酒ときどき水」をお忘れなきよう。「酒一升水一升」の言葉があるように、お酒の合間に同量のお水を同量お召し上がりいただくと、飲み過ぎや悪酔い防止になります。

続きを読む
posted by 店長村越 at 06:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

2012年1月「初酒の出」

新政『元旦搾り 山廃純米無濾過生原酒』 大山『初搾り本醸造樽酒』 司牡丹『特別純米袋取り 雫生酒 本当に搾りたて』

始まりの数字1が並んだ1月11日、毎年恒例の岡永倶楽部の新年会「初酒の出」を開催しました。刺すように冷たい風が吹く中、多くの皆様にお集まりいただきありがとうございました。この日は年の始まりにふさわしく、縁起の良い新酒を揃えてお楽しみいただきました。美味しいお酒を飲んで明るい一年にしていきましょう。本年も岡永倶楽部と日本名門酒会をよろしくお願い申し上げます。

続きを読む
posted by 店長村越 at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

秋のひやおろしを楽しむ会

浪花政宗『純米吟醸原酒 ひやおろし』 甲子『純米吟醸 ひやおろし』 大雪渓『特別純米吟醸 ひやおろし』 萩の露『純米吟醸 ひやおろし』 菊姫『純米 ひやおろし』 新政『佐藤卯兵衛 純米大吟醸 ひやおろし』

「秋のひやおろしを楽しむ会」の第2弾を、10月18日に開催しました。台風に見舞われた先月の「ひやおろしを楽しむ会」のリベンジマッチでもありましたが、幸いにして、カラッとして涼やかな秋らしい天候にめぐまれたこの日は、まさしく〈ひやおろし〉日和。秋のお料理やお酒が美味しく感じられる天気となりました。
皆さまご存知のように〈ひやおろし〉は秋に出回る季節限定酒です。詳しい解説はこちらでご覧いただくとして、1) 9、10、11月の秋にしか出回らない、2) 秋の深まりとともに熟成を進め味わいが深まる、3) 料理と合わせて美味しい、この3つのポイントを抑えておいてください。今回のイベントでお召し上がりいただいたお酒も、9月の頃より確実に味わいを深め、〈ひやおろし〉らしい輝きを増していたと思います。日頃なかなかお目にかかれない〈ひやおろし〉も含めた6種類を揃え、このお酒の香味と合うように仕立てたお料理と一緒にお楽しみいただきました。

続きを読む
posted by 店長村越 at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。