2011年09月26日

秋のひやおろしを楽しむ会

一ノ蔵『特別純米 ひやおろし』 浦霞『特別純米 ひやおろし』 大山『特別純米 ひやおろし』 司牡丹『船中八策 ひやおろし 純米原酒』 若戎『義左衛門”厳選”純米吟醸原酒 ひやおろし』 新政『六號 純米吟醸 ひやおろし』

台風が首都圏を直撃した9月21日、「秋のひやおろしを楽しむ会」を開催いたしました。街路樹がなぎ倒され、一部で停電、すべての路線で電車がストップするなど大荒れ模様となったこの日、吹き付ける暴風雨にも関わらず、お集まりいただいたお酒を愛する猛者の皆様に心より御礼申し上げます。この日は日本名門酒会の〈ひやおろし〉ラインナップの中から、毎年、人気が高くあっという間に蔵元の在庫すらなくなる品も含めた6銘柄を、秋らしいお料理とともにお楽しみいただきました。幸いにして会が終わった頃には、雨雲も去り交通もほぼ回復。お酒とともに嵐まで飲み干していただいたようです。

続きを読む
posted by 店長村越 at 14:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

臨時休業のお知らせ

9月14日(水)
勝手ながら岡永倶楽部は臨時休業とさせていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが
以上、よろしくお願い申し上げます。
posted by 店長村越 at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮭 焼きハラスのオイル漬け(冷製)

鮭 焼きハラスのオイル漬け(冷製)

鮭 焼きハラスのオイル漬け

脂ののった魚が美味しくなる季節です。というわけで鮭のハラスを焼いて、オイル漬けにした一品を。鮭のハラスとは、鮭の胸びれとその周辺の、運動量が多く脂も多くのっている最も美味しい部位。このハラスの脂の乗った旨味と鮭らしいコク、炙った皮の芳ばしい香り、オイル漬けにすることによって馴染んだ適度な塩味は、ただちに日本酒が欲しくなる美味しさです。

合わせたいお酒

〈ひやおろし〉と合わせて、秋らしさを思う存分、味わってください。熟成して落ち着いた香りと皮の芳ばしさがびったり呼応、お酒の充分な旨味が鮭の塩味と濃厚な旨味をしっかり抱き止め、しっかりした酸が脂を切って口中をすっきり。今の時期のまだ若さの残る〈ひやおろし〉に合わせるときには、おろしをたっぷりのせると、ちょうどピッタリのトーンになります。お酒もまろやかさを増して、止まらなくなる組み合わせ。

posted by 店長村越 at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月のおすすめ:カンパチのフライ

カンパチのフライ

カンパチのフライ

カンパチのフライをシンプルにソースでお召し上がりいただく一品です。サクサクの衣をまとったお魚とジャパニーズ・ソースの組み合わせは、どうしてこんなに相性が良いのかと嬉しくなる味わい。ソース系というとB級グルメ的な響きがありますが、誤魔化しなく造られたソースの、果実や野菜の凝縮された優しい旨味と甘味、スパイスの芳ばしさや出汁の旨味が一体となった深みのある美味しさは、もっと評価されてしかるべきものではないかと思います。今回、使用しているソースは、徳島県にある光食品の有機野菜を使ったヒカリソース。香辛料も自社で粉砕、出汁なども自社で煮出してとっているこだわりの味。カンパチのしっかりした旨味を引き立ててくれます。

合わせたいお酒

〈ひやおろし〉など熟成したお酒、特に原酒などアルコール度数の高いお酒がおすすめです。原酒ならではの力強い味わいは、ソースの甘味をしっかり受け止め、酒の存在感が心地よく残ります。ソースのスパイシーさと熟成したお酒の熟成を由来とする風味が調和、お酒の酸でフライの油もすっきり、単体では隠れていたカンパチそのものの香味がぐっと前面に出てきます。また、一方のお酒も驚くほどまろやかに。ソースと日本酒の意外な相性の良さも再発見できるのではないかと思います。


posted by 店長村越 at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月のおすすめ:サンマの有馬煮

サンマの有馬煮

サンマの有馬煮

秋魚の代名詞的存在といえばサンマ。北海道産の丸々としたサンマを実山椒とたっぷりの日本酒を使って炊いた、岡永倶楽部自慢の有馬煮です。骨まで食べられるほど柔らかく、しっとりした身にサンマ本来の香味や、皮目や腹回りのトロリとした脂がしっかりと封じられ、サンマの美味しさを満喫できると、毎秋、好評の一品。今年はさらに進化させ、出汁以外、水を一切使わず、日本酒だけを使って炊き上げ、さらにパワフルな味わいに。濃厚かつ素直な旨味を、山椒の香りと刺激がぴりりと爽やかに引き締め、お酒と合わせて飽きのこない味わい。

合わせたいお酒

秋に旬の魚には、やはり秋に旬のお酒〈ひやおろし〉など、熟成の旨味が冴え渡るお酒を。お酒を口に含むと、サンマの香味の良い部分が最大限に引き出され、すばらしい美味しさに。熟成して深みを増したお酒と口中でサンマが出会った瞬間、酒呑みでよかった、秋って素晴らしい、と心から感じられるはず。

posted by 店長村越 at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月のおすすめ:素麺カボチャとキノコのサラダ

素麺カボチャとキノコのサラダ

素麺カボチャとキノコのサラダ

茹でると果肉が素麺状にほぐれる素麺カボチャを、秋らしく、キノコとともにサラダにしました。揚げた春巻きの皮をパリッとした食感、野菜のシャキシャキした食感、キノコのクニュっとした食感など、歯触りも楽しい一皿。そうめんカボチャのほのかな優しい甘味、煮浸しにしたキノコの旨味、口中をリフレッシュしてくれる野菜の瑞々しさを、かすかなニンニクの風味が芳ばしいコクのあるドレッシングがまとめあげ、おつまみとしても充分に成立するサラダです。

合わせたいお酒

秋ならではの風情をお楽しみいただきたく、おすすめはやはり〈ひやおろし〉。〈ひやおろし〉ならではのまろやかな旨味が加わり、素麺カボチャ自体の美味しさがアップ。また、熟成したお酒のスパイシーな風味がキノコの香りと調和し、さらに複雑な秋らしい風味となります。

posted by 店長村越 at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

金賞受賞の大吟醸 飲み比べの夕べ

天寿『金賞受賞酒 大吟醸』 若戎『金賞受賞酒 大吟醸』 五橋『西都の雫 大吟醸』 越の誉『金賞受賞酒 大吟醸』 白嶺『香田 35磨き 大吟醸』 出羽ノ雪『酒のいのち 金賞受賞酒 大吟醸』

夏の終わりの8月25日(木)に「金賞受賞の大吟醸 飲み比べの夕べ」を開催しました。前線の影響で蒸し暑いあいにくの一日となりましたが、こういう日にも、すっきり爽やかで繊細な大吟醸は幸せを運んできてくれます。大吟醸は笑顔が似合うお酒です。中でも、全国新酒鑑評会に出品され金賞を受賞したお酒ともなれば、嫌なことがあったときでも、一口飲めば、そのうっとりするような美味しさに、自然と笑顔が浮かぶこと間違いなし。この日は、蔵の技術の粋を集めて造られ、曇りなき鏡のように磨かれた珠玉の味わいの、金賞受賞大吟醸6品をお楽しみいただきました。

続きを読む
posted by 店長村越 at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

お盆休みのお知らせ

岡永倶楽部は
8月13日(土)から18日(木)まで
お盆休みとなります。


皆様にはご迷惑をおかけいたしますが
以上、よろしくお願い申し上げます。
posted by 店長村越 at 00:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

8-9月のおすすめ;合鴨のポン酢風味

合鴨のポン酢風味

合鴨のポン酢風味

炙り焼きした合鴨をポン酢に漬けた一口サイズのおつまみです。炙った合鴨肉の芳ばしさと旨味に、ポン酢の爽やかな酸味と旨味が染み込んで、ジューシー。噛みしめるほどに肉の旨味がじわじわと滲み出てきます。お好みで粒マスタードを付けてお召し上がりを。マスタードの爽やかな辛味が味を引き締め、さらに美味しさが引き立ちます。

合わせたいお酒

たいがいのお酒と合わせて、料理もお酒も美味しくなる万能な一品ですが、特におすすめなのは吟醸酒や生酒など、すっきりとした旨味を持つお酒。合鴨の上品な旨味やポン酢の爽やかさと、上質なお酒のトーンがぴったり合います。特に吟醸酒とマスタードとは相性がよいので、その点にもご注目を。噛みしめるほどに滲み出る合鴨の旨味とお酒の旨味、両者の繊細な味わいが融合し、「粋」な味わいを楽しめます。

posted by 店長村越 at 14:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8-9月のおすすめ;とよんちのたまご(王卵)の出汁巻き卵 アオサあんかけ

とよんちのたまご(王卵)の出汁巻き卵 アオサあんかけ

とよんちのたまご(王卵)の出汁巻き卵 アオサあんかけ

ローカルな話題で恐縮ですが、世田谷区下北沢に「とよんちのたまご」という養鶏所直営の卵専門店があります。ここの卵は直営の新鮮さゆえか、育て方が違うのか、周辺住人にも「あそこの卵は美味しい」「生卵なのに臭みがなくて、半熟卵並みに黄身が甘くてコクがあり濃厚」「すき焼きの時はあそこの卵と決めている」と高評価。もちろん村越も気に入っております。
と、前置きが長くなりましたが、この卵の美味しさを皆様にもぜひお召し上がりいただきたいと、出汁巻き卵に仕立てました。黄色がキレイに出るタイプの卵もありますが、今回使用したのは生食して美味しい「王卵」です。オレンジがかった色味は黄身由来の色。出汁入り卵の優しい旨味に、磯の香りも嬉しいアオサ入りのとろみある出汁をかけまわした、ほっとする風味の一皿です。

合わせたいお酒

出汁がしっかりきいた旨味たっぷりの優しい味の一品は、米のまろやかな旨味が感じられるお酒と合わせてみてください。料理がお酒の邪魔をせず優しく豊かに支えてくれるので、特にお酒本来の良質な香りや味をじっくり楽しみたいときの肴にぴったりです。生酒のフレッシュな香味も、吟醸酒の上品な香りと繊細な味わいも、純米酒の落ち着いて深みある味わいも、お酒のよい部分を素直に引き出し、さらに美味しくしてくれます。

posted by 店長村越 at 14:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のおすすめ酒食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。